今DMM英会話で無料体験レッスンを受講しているので、その感想を体験談として書いています。

今日は実践して2日目。

セルビア人の講師を選んで予約したところ、すごく満足のいくレッスンをしてもらうことができました!

【DMM英会話体験談】多国籍な講師の魅力とメリット

オンライン英会話というと、講師がフィリピン人の先生しかいないということがほとんどです。

ですがDMM英会話は多国籍な講師を売りにしていて、僕は前回ジンバブエ人の先生、今回はセルビア人の講師で体験レッスンを受講しました。

前回の体験談では「やっぱり多国籍だからって良い、メリットがあるというわけじゃないよね」という話をしましたが、多国籍な講師のデメリットを感じた前回とは打って変わって今回はDMM英会話の多国籍講師のメリットを実感しました!

講師が多国籍であることのメリット

今回レッスンを受講したセルビア人講師の英語はすごく綺麗でした。

他のインターネット英会話スクールのフィリピン人の先生でも英語が綺麗な人はいますが、色んな国の先生の英語を聞くことができるのは良い経験になるだけでなく、それ自体が少し楽しみでもあると思います。

ちなみにセルビアは英語圏ではなく、英語ネイティブというわけではないそうですが普通に流暢でした。

セルビアでは小さい頃からアニメやドラマなどテレビで英語を聞く機会はあるそうです、日本ではほぼないのでそのあたりで差が出るのかもしれませんね。

24歳の若い先生だったんですが、教え方も上手で説明も分かりやすく、充実した25分間になりました。

DMM英会話2日目のレッスン

DMM英会話ではたくさんのオリジナル教材が用意されています。

僕が今回選んだのは、「提携教材 ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス【基礎編 快速トレーニング 01】」という教材。

スピーキングは瞬間英作文だと思うので、この快速トレーニングという教材が面白そうだなということでこれにしました。

レッスン内容

まずいつも通り軽く自己紹介をして教材を使ったレッスンの開始です。

この教材、タイトルからはどんなことをするのかイマイチ想像できなかったんですが、その内容は「日本語で書いてあることをパッと英語にする」ということでした。

今回選んだのは「基礎編の第一回」ということですごく簡単なものでした。

 

教材ページを開くと日本語で、

「彼女は高校生ですか?」
「この本は安くありません。」

などと書いてあります。

「Is she」「this isn’t」などの聞き方・言い方をパッと思いつくようにするトレーニングのようです。

 

これって意外とパッと出てこないときがありませんか?例えば「あの少女たちは高校生ではないのですか?」という文。

ここでは「Aren’t those girls ~」という聞き方になります。

普段は別に「Those girls aren’t ~ ?」という形で最後にはてなを付ければ質問になりますが、やっぱり正しい形で話した方がいい場面もあるかもしれないので、ちゃんと言えるに越したことありません。

今回のトレーニングでは、普段使いなれていない形が出てくるとすぐに言葉が出てこないことがあり、たまに詰まってしまうこともあったため、とても勉強になったレッスンでした。

レッスンを受講してみた感想

スマホとパソコン

普段なにげなく英語を話しているだけでは分かりづらい「自分の弱点」「自分がこれからどういった部分を勉強していけばいいか」ということが目に見えて分かるのが、オンライン英会話でレッスンを受ける一つのメリットなのかもしれません。

その点教材がたくさん用意されているDMM英会話はいいと思いました。

まだ他のスクールの無料体験レッスンも受講してみるつもりですが、DMM英会話も本入会候補かもしれません(´・ω・)

以上、オンライン英会話DMMの体験談と感想でした!(`・ω・´)

DMM英会話公式サイト
DMM英会話ロゴ