tryはなぜチョライと聞こえるのか。trueはなぜチュルーと聞こえるのかについてです(´・ω・)

try・trueの正しい発音

tryはカタカナで書くと「トライ」です。trueはカタカナで書くと「トゥルー」ですよね。

そもそも英語をカタカナで表すことに限界があるんですが、これには「t」の音に秘密があります。

「t」の正しい音を理解する

「t」の正しい音を理解していないと、正しい「try」「true」の発音ができません。

日本語の「たちつてと」は舌先が前歯の裏側に少し触れますが、英語の「t」は舌が歯に触れません。

上顎に舌を触れさせた状態から「ッ」と空気を一瞬抜く音が正しい「t」の発音です。

try→チョライ・true→チュルー

「t」は子音であり、母音である「お」の音は入っていません。

なので「try」については、「ト」と発音している時点で「t」ではなく「お」が入っている「to(ト)」になってしまっています。ということは「トライ」と発音しているのは間違いということになります。

「true」については、「トゥ」と発音している時点で「t」ではなく「ぅ」が入っている「tu(トゥ)」になってしまっています。なので「トゥルー」と発音するのは正しくないことになります。

t→rの発音

try・trueの場合、舌先が歯に触れていない「t」の状態から舌を引いて「r」の音に繋げます。

このときに「t」と「r」が混ざって「チュ」「チョ」といった音に聞こえます。厳密に言えば日本語の「チュ」でも「チョ」でもない音ですが、これらに近い音になります。

結果、tryはチョライ、trueはチュルーに聞こえるというワケです。

以上try・trueの正しい発音についてでした。発音について詳しくは以下の記事で書いているのでそちらもご覧ください(´・ω・)