「world」「girl」など、Rが入ってる単語、Rの後ろにLが来る単語って発音が上手くできないですよね。

RとLの発音は日本人が英会話を勉強する上で一番最初につまづくところだと思います。

でも分かってしまえば意外とすぐに身に付く簡単な発音でもあると思うので、今回はそれを解決するためのヒントになるかもしれないお話を。

world・girlなどRが入ってる単語が発音できない

world・girlなどRが入ってる単語が発音できない、上手く言えないという場合、まずは「R」の発音時の舌の形を変えてみるといいかもしれません。

上の記事で詳しく解説していますが、Rが入ってる単語の発音をするときに舌を巻くという人が多いと思いますが、「舌を盛る」といった形にしても同じ音が出るんです。

そしてworld・girlが発音できないという方は、巻き舌から「L」の発音に繋げる舌の動きが複雑で難しくなっているのが原因かもしれません。

盛り舌からだとLの発音に繋げるのが少し簡単になるため、world・girlといった「R後のL」の発音が上手くなるかもしれませんよ。

発音矯正のコツ

やっぱり英語を話すんだったらカタカナ英語の日本人訛りが酷い英語より、ネイティブみたいに綺麗でカッコいい発音がしたいですよね。

英語発音矯正のコツは、「音を知る」というところから一つずつ始めていくのがいいと思います。

子供のときは聞いた音をそのままマネすることができるそうですが、大人になると「それに近い自分の知ってる音」としてしかマネできないそうです。

ということは、大人になると「なんとなくマネして上手くなる」のが難しいということ。

なので大人は「その音がどういう音で、どのような舌の形、どのような口の形で発音するのか」ということをしっかりと理解してから発音矯正をするのが一番のコツなのです。

英語発音で難しいのはRが入ってる単語、RLの音だけでなく、母音も日本語にはない音がたくさんあり難しいです。

ですが英語発音の音は全部合わせてもせいぜい数十個なので、焦らず一つずつ「音を理解していく」のが、カッコいい綺麗な英語を話せるようになる発音矯正のコツだと思います。