カナダでは当たり前!?自分でタックスリターン

カナダで生活していれば、毎年この時期にやってくる、タックスリターン(納税申告)。

日本に住んでいると、あまり縁のない人も、カナダでは自分で申告(self-assessment)をします。

カナダのタックスの仕組みを知っていれば、それなりに控除やクレジットが申請でき、それだけ税金の支払いを節約できる。言い換えれば、もっと税金の払い戻しが多くなります。

タックスリターンは自分でできるの?

自己申告は面倒で大変という人は、お金はかかりますがタックスリターンサービスの会社を利用します。

自分でやります!という人にはTax Return Softwareがお勧めです。

オンラインやダウンロードするもの、いろいろあるようですが、ソフトウェアによって微妙に結果が違ったりすることもあるようです。

今どきは、経験のない人でも質問に答えて、数字の入力に気を付ければそんなに難しくないという噂。

世帯収入が2万ドルまでなら無料で使えるソフトウェアもあるようです。(私はプロ用ソフトを使っているので、その辺の情報はいまひとつわかりません)

そうはいっても、中にはソフトウェアの質問の意味が分からなかったり、自信が持てないという人も多いでしょう。中には自分でビジネスをしている人、会社を設立した人などもあり、そうなるとプロのアドバイスが必要になってきます。

カナダでは確定申告が強制?

私は収入がほとんどないから納税しなくていいし、タックスリターンをしなくても大丈夫という人もいますが、収入が少なくて税金を払わなくていいならタックスリターンはしなくていいのか?

CRA(Canada Revenue Agency,税務局)は、強制はしませんが、ステイタスのアップデートのため、例えば今年から自分の住居(Principal Home)を売った場合は税金はかかりませんが、報告をしなくてはいけません。

3500ドル以上のビジネス収入がある人も申告が必要です。授業料などのクレジットも毎年ごとに申告します。家を買うときのローン審査だって、NOA(Notice of Assessment、タックスリターンの結果ですね)の提出を求められます。

また、収入が低い場合は、タックスリターンすることによって、WITB(ワーキングインカムタックスベネフィット)、GST/HST credit、Ontario Trillium Benefit(オンタリオの場合、固定資産税やアパートのレントのクレジット)の給付を受けられます。

CCB(Canada child benefit)子供のいる人のための給付金は、両親ともタックスリターンをしないともらえません。つまり、タックスリターンをしないとこれらの給付を貰えないで損をするということです。

中には、何年もまとめてタックスリターンをする人がいますが、CRAもそういう人に対しては厳しく審査することや、結果が出るまでに何か月も時間がかかることがあり、中にはある一定の期間を過ぎるともらえない給付金もあるので(CCB)、やはり毎年きちんと申告するのがベストでしょう。

質問に答えてもらえる

CRAは多様な質問にも答えてくれます。1-800-959-8281。

SINナンバーと去年のNotice of Assessmentを用意して電話すれば、ほとんどの質問は解決。一般の質問とか、匿名の質問もOKです。質問によってはもっと詳しい部署に回してくれます。

長い人生には、結婚、離婚、出産、死亡、住所変更なども起こります。こまめに報告すれば次の給付金を正しく計算しなおしてくれるので、貰いすぎて後で返金とか、貰えなかったとかのトラブル回避もできます。

CRAにオンラインのアカウントを作るとRRSPのリミットや、GSTクレジットの金額などもわかり、T4、T3、T5などのタックスリターンに必要なTスリップのプリントアウトもできます。

締め切りは5月1日!

タックスリターンの締め切りはビジネスをしている人でなければ5月1日です。

ぎりぎりになって慌てて申告するより、時間に余裕を持って終わらせたいですね。

次回はタックスリターンの Deductions(控除)と Non-Refundable Tax Credits(クレジット)についての話を。

【広告】

Maru

投稿者プロフィール

毎日仕事して、料理して、平凡だけどトロントでの生活はとっても気に行ってます。週末はドライブしてトロントの周辺の小さい町にいくのが楽しみ。いつかカナダ横断ドライブがしてみたいと思っています。たまにボランティア活動なんかもしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. トロントの交通機関TTCを最大限活用しよう!【地下鉄・バス・ストリートカーの乗り方】

  2. カナダでは当たり前!?自分でタックスリターン

  3. 【トロント】お酒を野外で飲むと法律違反!~時間など知っておきたい注意点~

【広告】

ページ上部へ戻る