Torontojp.com

~トロント現地情報サイト~

カナダでタックスリターンをするなら知っておいた方がいいこと

time 2017/04/01

sponsored link

タックスリターンで知っておいた方がいいこと

カナダでタックスリターンをするときに知っておいた方がいいことについて。

収入がなくてもタックスリターン

タックスリターンについての一回目の記事でも取り上げましたが、収入がなくてもタックスリターンしましょう。GSTクレジットやProvincialクレジットはタックスリターンしないともらえません。それとは反対にある程度の収入を超えるとこのような給付はなくなります。仕方ないですね。

チップ

レストランで働いている人がもらうチップ。CRAはこれを立派な収入として申告するように注意しています。同じレストランで働いている人がチップを申請して他の人がしなかったために全員が監査された例もあるそうです。お忘れなく。

Old Age Security(国民年金)

Old Age Security(国民年金)の支給は今65歳から始まりますが、リタイアする年になっても、働いていて73,000ドル以上の収入がある方は、せっかくもらった年金の一部を払い戻さなければなりません。そういう人は年金の受け取りを先に延ばすことで、多少ですが多く年金をもらうことができます。計画は前もって。情報はサービスカナダで。

Employment Insurance(失業保険)

Employment Insurance(失業保険)も同じこと、せっかくもらっても同じ年に再就職が決まって63,000ドル以上の収入があると、これもまた保険の一部を返却です。仕事が見つかるのはいいことですけどね。知っていてもどうしようもないけど、ショックは少ないかも。

その他覚えておきたいこと

カナダ居住者としてタックスリターンするときは、カナダだけでなくワールドワイドの収入を申告しますが、日本の収入で日本で税金を払った場合はその税額をクレジットとして申請でき、カナダの税額から差し引くことができます。書類は大切に取っておきましょう。

CRAでは夏になると、タックスリターンのレビューを始めます。もしレシートの提出を求められたら通知にある期日以内に送り返しましょう。遅れるとクレジットの取り消しになり、その分請求されます。

Registered Retirement Savings PlanもTax-Free Savings Account も登録できる金額にリミットがありますが、これは各自の責任です。銀行に頼らず自分で管理しましょう。

申請し忘れた控除とクレジットは、レシートとアジャストメントの用紙に必要事項を記入して申請することができます。マイアカウントを持っている人は、オンラインで簡単に直すこともできて便利です。但しアジャストメントは必ずタックスリターンの結果が送られてきてから申請しましょう。プロセス時に送っても受付してもらえません。普通のアジャストメントは10年戻れるようです。シニアのPension Splitは3年のみ。

CRAを装った電話やメールには気をつけて

近頃、よくあるCRAを装った電話やメール。CRAは手紙でしか通知しないので、気を付けましょう。唯一メールが来るのは、CRAにマイアカウントを持ってる人にタックスリターンの結果ができましたというメールだけ。それ以外は要注意。

タックスリターン情報、今回で一応終わりです。ありがとうございました。

sponsored link

コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ライター

Maru

毎日仕事して、料理して、平凡だけどトロントでの生活はとっても気に行ってます。週末はドライブしてトロントの周辺の小さい町にいくのが楽しみ。いつかカナダ横断ドライブがしてみたいと思っています。たまにボランティア活動なんかもしています。

ライターさん募集中!!

現在Torontojp.comでは記事を書いてくれるライターさんを大募集しています!

「おすすめの場所」「みんなに教えてあげたいこと」そんな現地のお得な情報を発信してみませんか?♪【未経験・スマホ・1記事~OK!!】詳しくはこちら



過去の記事

ライター募集