【トロント】お酒を野外で飲むと法律違反!~時間など知っておきたい注意点~

今回はトロントでお酒を飲む前に知っておきたい「お酒に関する法律と注意点」について!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

トロントでお酒を飲むなら知っておきたい法律と注意点

【時間】レストランやバーでも朝まで飲むことはできません!

ワイングラスの並ぶテーブル

日本だとお店によっては24時間お酒を飲むことが許されているけれど、ここトロントではレストランやバーでも深夜2時以降にお酒を提供することが禁止されています(;´・ω・)

なのでやっぱり時間を忘れて朝まで飲みたいときは宅飲みに限りますね!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

トロントでお酒を買うおすすめの場所についてはこちら

 

公園やビーチなど野外でお酒を飲むことはNG!!

ビールの注がれるグラス

残念ながらトロントでは法律によって野外でお酒を飲むことが禁止されているのです。

ということは海(湖)のビーチや公園でBBQをしたりする時の“お肉のお供”はビールではなくジュースで我慢しなければならないということ(´;ω;`)ビール好きの私はちょいと辛いです・・(笑)

 

トロントではお酒もたばこも19歳から(^^♪

バースデーケーキを持つ少年

トロントの法律ではお酒もたばこも19歳からOK!

ということは・・!たとえば19歳の人がトロントに留学したら原則としてその土地の国の法律に従うことになるので、ひとあしお先に大人になれるということなのです( *´艸`)♬

 

お酒を買うときは身分証明書が必要?!

パスポート

日本でもお酒を買うときに顔が若かったりすると身分証明書の提示を求められますよね?

日本では全然若く見られなかった人でも日本人はカナダディアンからみたらとても若くみられてしまうので買いに行ったらほぼ!!証明書の提示を求められます。お酒を買うときはパスポートなどのIDを忘れずにです。

 

飲み終わった瓶はお金になる!

たくさんの空き瓶

最後は注意点ではなく節約中の人は必ず知っておきたいお得なポイント!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ホームパーティや宅飲みで飲み終わったお酒の瓶。飲んだ後はお店に持って行くとリサイクル代として少しお金が返ってくるんです!ლ(´ڡ`ლ)

  • 大きい瓶だと(630ml以上の容器)1本につき$0.20
  • 小さい瓶だと(630ml以下の容器)1つにつき$0.10

留学中は何かと節約したいものですよね!塵も積もれば山となります、リサイクルしちゃいましょう♬(*´Д`)

 

この記事が役に立ったらシェアしてください♪

【広告】

Lisa

投稿者プロフィール

食べることが好きなのでトロント内のおいしいレストランは常にチェックしています。カフェでのんびりするのも大好き♡最近はお気に入りのカメラを持っておでかけして、トロントの街や食べ物の写真を撮ることにはまっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. トロントの交通機関TTCを最大限活用しよう!【地下鉄・バス・ストリートカーの乗り方】

  2. カナダでは当たり前!?自分でタックスリターン

  3. 【トロント】お酒を野外で飲むと法律違反!~時間など知っておきたい注意点~

【広告】

ページ上部へ戻る