【トロントから日本へ安くお得に荷物を送る!】クロネコヤマト詰め放題パック

「トロントから日本に荷物を送りたい」
「おみやげを先に送りたい」

そんなときはクロネコヤマト詰め放題パック断然安くてお得です!

ダンボール1つ2つくらいの荷物であればこれが間違いなく安いので、今回は【トロントから日本に荷物を送る】特集!

詰め放題パック

安い料金でトロントから日本に荷物を送る方法【クロネコヤマト詰め放題パック】

トロントで詰め放題パックを取り扱っているお店は、現在 J town にある「Japan beauty images」さんの1店のみ。あとはミシサガにあるヤマト運輸まで行かなければいけません。

JタウンにあるJapan beauty imagesさんでは日本のコスメや日本語の雑誌・マンガ、日本の商品などを扱われています。
商品が並んだ店内

中に入るとクロネコヤマトの旗が。
クロネコヤマトの旗

クロネコヤマト詰め放題パックの手順と送料

詰め放題パック

まずはレジでクロネコヤマト詰め放題パック専用のダンボールを購入します。段ボール自体の料金は大きいサイズで$5。

送料は、

  • 大$100
  • 中$80
  • 小$50

です。詳しいサイズや送れないものなどの注意についてはクロネコヤマト公式ページにて確認してください。

Jタウンまでダンボールを買いに行った場合、お店の人が注意事項や書類の書き方などを丁寧に教えてくれます。

そしてその購入したクロネコヤマト詰め放題パック専用段ボールを家に持ち帰って荷物を詰め、書類に必要事項を記入し、テープで封をした状態でお店にダンボールと書類を持って行き荷物を日本に送ってもらいます。

なのでダンボールの購入と荷物を預けるため2回行かなければいけないのですが、車で行く場合は荷物を持っていき車内で詰め替え一度で済ませてもいいようです。

※車ではない場合、荷物を持って行って現地で座り込んでダンボールに詰め込むのは他の人の迷惑になるので遠慮してくださいとのことでした!

【注意点】

日本に送る荷物の宛名は自分ではなく家族の名前にして、「家族へお土産を送る」という形でお願いしましょう!

何が入っているかを細かく書く紙をもらうので、例えば自分の服を入れたら「衣類 中古 $1」のようにしておきましょう。

「帰国時に自分の荷物を日本の自分名義・住所宛てに送る」となると、それは「別送品」という扱いになるためこの詰め放題パックが適用されません!

【トロント】J townの行き方

Jtownの看板

バスで行く場合は、地下鉄Finch駅より【53番】のバスで約30分!

降りるところを一つ間違えるだけでかなり歩かなければいけないので、注意深くグーグルマップを見ておいてください!笑

トロントのJ townはすごく小さくて、タウンと聞いてイメージするものよりはるかに小さいものでした。ですがやっぱり日本のものがたくさんあるお店に入るとどこか懐かしさを感じてホッとしますよね!

ということで今回はトロントから日本に安い料金で荷物を送る方法についてでした^^

《お店情報》
ジャパンビューティーイメージズ
店名:Japan beauty images inc
住所:3160 Steeles Avenue East, Markham / map
TEL:905-943-9248
営業時間:火~土10:00~19:00 日11:00~18:00
定休日:月曜日

【広告】

Sakura

投稿者プロフィール

オーストラリアにワーホリで2年→足りなかったのでカナダのよくある(?)パターン。ネコが好きです。でもネコアレルギーです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. これ注意が必要ですよ。詰め放題パックで日本へ自分の荷物を送ろうとしたらそれは別送品扱いになるから受け付けられないと怒られてしまいました。結果、25キロで220ドルを払いました。
    詰め放題パックを期待してはるばるJタウンへ行っても、結局留学エージェントから送るのと値段に変わりありませんでした。
    もちろん詰め放題パックでギフト(家族へのお土産)だったら送れます。
    ギフトを日本に送ると言い切れば荷物も詰められると思いますが、税関で止められてしまうリスクもかなり高いです。気を付けて下さい!

    • ねこさん

      コメントでのご指摘ありがとうございます。
      当記事の情報が不十分だったせいでご不便をおかけしてしまい申し訳ありませんでした…!><

      ※荷物の別送品扱い等に関しては記事本文内に【注意点】という形で追記いたしました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. トロントの交通機関TTCを最大限活用しよう!【地下鉄・バス・ストリートカーの乗り方】

  2. カナダでは当たり前!?自分でタックスリターン

  3. 【トロント】お酒を野外で飲むと法律違反!~時間など知っておきたい注意点~

【広告】

ページ上部へ戻る