日本には様々な和製英語があります。中でも「日本でしか通じない和製英語」で有名なものの一つが「フライドポテト」

日本人的には「ポテト(じゃがいも)がフライド(揚げられている)だからいいんじゃないの?」って感じかもしれませんが、英語ネイティブからすると全く別のものが頭に浮かびます。

でもこれって日本語で考えても同じなんですが、そんなネイティブがイメージするものについて考えてみました。

「フライドポテト」と聞いて頭に浮かぶイメージ

じゃがいも

「じゃがいも」どーん

って感じです。フライドポテトって聞いたらこの芋がそのまま素揚げされていたり、パン粉とかの衣がついてサクッと揚がってホクホクなじゃがいも丸々一個を連想します。

でもこれは日本語ネイティブである僕らが「揚げじゃがいも」と聞いてパッと頭に浮かぶイメージと同じだと思います。少なくとも突然「揚げじゃがいも」と聞いて、なんの迷いもなくマックフライポテトがイメージできる人はそうそういないのではないでしょうか?

和製英語で言うフライドポテトを正しく英語にすると。

マックのフライドポテト

和製英語で言うフライドポテトを正しく英語にすると、アメリカ英語とイギリス英語で少し違ってきます。

アメリカ英語「Fries(フライズ)」
イギリス英語「Chips(チップス)」

アメリカ英語の国では正しくは「French Fries(フレンチフライズ)」と呼びますが、僕が海外で過ごしていたときの体感では「Fries(フライズ)」と略して聞くことが多かったかな?

アメリカで「チップス」って言うと?

アメリカで「チップス」って言うと「ポテトチップス」をイメージします。

ポテトチップス
amazon.co.jp

ちなみにイギリスではポテトチップスのことを「Crisps(クリスプス)」と言います。

 

だけどフライドポテトのことをアメリカで「チップス」って言うと全然伝わらないかというとそうでもありません。

英国料理(?)として有名な「Fish and Chips(フィッシュアンドチップス)」ですが、これはアメリカ英語圏に行ってもそのまま「フィッシュアンドチップス」なので、アメリカ人も「イギリスではフライズのことをチップスと呼ぶ」ということは皆知っているからです。

フィッシュアンドチップス
http://gotrip.jp/

↑ホクホクの白身魚がサクッと揚げられていておいしいんですよね。レモンを絞ってタルタルソースで食べるのが最高です。画像のリンク先で知りましたが本格的なフィッシュアンドチップスが東京で食べれるみたいです。なんだかすごく食べたくなってきた。

和製英語はダメなもの?

間違った和製英語って結構ありますよね。だけど「和製英語は悪!」みたいに言うのも違うと思います。

だって日本にカタカナ英語がたくさんあるおかげで僕らは「フォーク・スプーン・レストラン」とか最初から言えます。しかもその和製英語の数は結構多いです。

よく「日本人は英語できない」ということを言いますが、英語の名詞に関しては皆意外とたくさん知っていたりするのかもしれません。知っている単語や名詞を言うだけでも会話はできますからね。

カタカナ英語でも意外と会話できる

僕は海外に3年間いましたが、意外と最初から全部なんとかなりました。知ってる言葉を言うだけでも相手が推測してくれるからです。でも中には分かっていても分からないフリをする意地悪な外人もいます。

僕が日本を飛び立って初めての夜、なんとかその日泊まる場所を確保したので晩御飯を食べに外に行きました。もちろんレストランに入る勇気なんてなかったんですが、マクドナルドが目の前にあったので、マックなら買える気がしたのでそこで済ませようと思いました。

すると店員さんが意地悪なやつで、僕はハンバーガーセットを指さしながら頑張って伝えようとしているのに「え?」「なんて?」「は?」みたいに嫌そうな顔をしながら対応され、挙句の果てに出てきたのはたった一つ、

ポテトだけでした。ちょーん

マックのフライドポテト

でもそれを取り換えてもらう英語力は僕にはまだなかったのでその日はポテトで我慢しました。追加で何か別のものを買うのも怖くなったので。笑

まとめ

他にも海外留学中には色んなことがあり、

「家のオーナーがゲイで襲われかけた話」
「忍び込んできた泥棒と鉢合わせた話」

など結構危ないこともありました。特に前者w。以下の記事で書いているので興味があれば読んでやってください。

 

ということで今回は和製英語「フライドポテト」は「揚げじゃがいも」って言われてるのと同じだよ、伝わらなくはないけど間違ってるよという話でした。